睡眠サプリランキング

睡眠サプリランキング!コスパを重視したおすすめの睡眠サプリを徹底解説

あなたは「ベッドに入っても全然眠れない・・・」「朝起きた際に疲労が残っている・・・」「眠った気がしない・・・」などの悩みを抱えていませんか?

 

このような症状が続いていると、日中に眠気が襲ってきたり、やる気がでなかったりなど、起きている時間帯に支障が出てきてしまいます(汗)

 

「毎日気持ちよく眠って、しっかりと疲労を取りたい!」と考えているなら睡眠サプリを試してみて下さい。

 

 

睡眠薬のような依存性を心配することなく、深い眠りをサポートしながらすっきりとした目覚めを実感することができます。


 

 

コスパで選ぶ!睡眠サプリランキング
北の大地の夢しずく
1日たった約107円から始められるリーズナブルな睡眠サプリ!

 

リラクミンSe
初回お試し定期コース(30日分)が2,720円でお得!

 

爽眠α

気軽に試したい方におすすめ!初回7日分が500円で始められます

 

 

 

 

不眠の悩みを抱えている方は大勢います

不眠の悩み

 

「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「夜中に何度も目が覚める」などの眠りに関する悩みを抱えている方々が意外と多いです。

 

厚生労働省が平成27年に実施した『国民健康・栄養調査』において興味深い結果が公表されていたので、ここで紹介します。

 

「睡眠全体の質に満足できなかった・・・」と回答した割合は男性で19.3%、女性では21.6%となっています。

 

また、「寝つきがいつもより時間がかかった・・・」と回答した割合は男性で11.0%、女性では16.0%にのぼっています。

 

参照記事:平成27年国民健康・栄養調査結果の概要〜厚生労働省〜

 

つまり5人に1人の割合で睡眠に関して何らかの悩みを抱えていることが分かります。

 

 

 

ストレスが主な原因です

 

不眠になる主な原因はストレスです。ストレス状態が続くと心理的な緊張や不安を抱えることで眠れなくなることが多いです。

 

ストレスを受け続けると普段よりも心拍数や血圧が上がって心身に負担がかかります。

 

さらに脳の興奮状態が続いて脳が休まらないために寝つきが悪くなります。

 

なんとか眠りについたとしてもレム睡眠とノンレム睡眠の周期が乱れてしまい、眠りの浅いレム睡眠の時間が長くなって疲れが取れなくなります・・・(汗)

 

現代はストレス社会と言われていて、一昔よりもストレスを感じやすい環境になっています。

 

 

仕事や人間関係によって知らず知らずのうちにストレスを溜め込んで、質の高い睡眠ができなくなっている方々が増えています。


 

 

 

 

女性ホルモンの影響を受けやすい

ストレス

 

男性よりも女性の方が睡眠の悩みを抱えている割合が多いです。

 

その主な理由としては、女性ホルモンが影響をしていることが挙げられます。

 

月経前のイライラや落ち込み

定期的に月経(生理)が訪れます。女性ホルモンの働きによって一定のサイクルで排卵が行われます。

 

月経は卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンによってコントロールされています。

 

排卵から月経直前までの時期には黄体ホルモンの分泌量が増加します。

 

この黄体ホルモンは睡眠の質を悪化させるため、排卵から月経直前までの時期には普段よりも不眠になりやすくなるのです。

 

月経前の時期になると寝つきが悪くなったり、昼間に眠たくなったり、イライラ・頭痛などの症状が現われるのも女性ホルモンの分泌量の変化が影響しています。

 

妊娠時

 

妊娠中に情緒不安定になったりイライラするのも、ホルモンバランスが崩れていることが原因です。

 

お腹の赤ちゃんに栄養を届けるためにエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンの分泌量が増加します。

 

ホルモンバランスが崩れることで精神面に影響を及ぼして、イライラしたり気落ちしたりと情緒が不安定になります。

 

そして睡眠時にも悪影響を及ぼし、質の高い睡眠ができなくなります。

 

 

閉経後の更年期

 

睡眠に関する悩みは閉経後の更年期の女性にも多いです。

 

閉経後には女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少して、めまいや肩こり、ほてりなどの更年期障害の症状が現われやすくなります。

 

そして不眠も更年期障害の症状の一つです。

 

 

子育て(授乳、夜泣き)

 

出産後の授乳時期にも睡眠の悩みを抱えている女性は多いです。

 

ホルモンバランスが崩れていて、妊娠前よりも眠りにくい体質になっていることが大きく影響しています。

 

夜中にも授乳をしなければいけないので、質の高い睡眠を取ることが難しくなります。

 

 

赤ちゃんが眠っている時にも眠ることができなくて疲労が溜まったり、イライラすることが多くなります。


 

 

 

睡眠薬のリスク

睡眠薬のリスク

 

「布団に入ってもなかなか眠れない・・・」「眠った気がせずに朝起きても疲れが残っている・・・」などの悩みを解決するために、まず頭に浮かぶのが睡眠薬(睡眠導入剤)です。

 

睡眠薬には即効性がある反面、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

 

 

副作用がある

 

睡眠薬は医薬品に分類されているので、副作用が現われる恐れがあります。

 

睡眠薬の副作用としては眠気やふらつき、健忘などが挙げられます。

 

作用時間が長い睡眠薬を服用すると、朝起きても眠気がなくならずに午前中にボーッとすることが多くなります。

 

また筋弛緩作用があるため、中には起きている時間帯にふらつくことがあります。

 

そして健忘とは、睡眠薬を服用した後に記憶がなくなってしまう症状のことです。

 

記憶に関する機能を低下させる作用がこのような健康の症状を引き起こします。

 

 

依存してしまう

 

睡眠薬は優れた効果を実感できる反面、その効果に依存してしまう恐れがあります。

 

そのため、症状が改善して睡眠薬の服用を止める際に離脱症状が生じることがあります。

 

いわゆる中毒症状のようなもので、睡眠薬を飲まないと不安を感じて眠れない体質になる可能性があります。

 

最近では依存度が低い睡眠薬も登場していますが、身体的には問題なくても精神的な不安によって眠れなくリスクはなくなりません。

 

睡眠薬を長期間にわたって飲み続けると身体が慣れてしまい、成分の作用が効きにくくなります。

 

効果が実感し難くなるため、以前よりも服用量を増やす必要があります。そうなると睡眠薬の副作用が現われやすくなってしまうのです。

 

 

 

睡眠サプリの選び方

睡眠サプリ

 

そこであなたにおすすめしたいのが睡眠サプリです。

 

医薬品ではないので睡眠薬のような即効性はありませんが、毎日飲み続けることで徐々に体質を改善していき、ぐっすりと眠れる体質に変えてくれます。

 

とは言っても睡眠サプリは日本国内でも数え切れないほどの商品が販売されています。

 

初めて睡眠サプリを購入する場合は一体どのサプリを選べばよいのか分からないですよね?

 

 

ここからは睡眠サプリの選び方を分かりやすく解説してきます。


 

 

効果(成分の働き)

 

睡眠サプリを選ぶ際にはあなたの症状に適した成分が含まれているかどうかを確認して下さい。

 

例えば、睡眠サプリに含まれている成分としては、グリシンやテアニン、GABAなどが有名です。

 

さらに成分の種類だけでなく、その含有量もチェックすればバッチリですね。

 

 

グリシン

・深い眠りをサポートしてくれる
・熟睡感が得られる

 

テアニン

・すっきりとした目覚め
・イライラを和らげる

 

GABA

・気持ちを穏やかにさせる
・ストレスを和らげる

 

 

グリシン

グリシンはアミノ酸の一種で、主に魚介類などの豊富に含まれている成分です。

 

就寝前の深部体温を下げて入眠を促してくれるので、深い眠りをサポートしたり熟睡感が得られます。

 

さらには肌のツヤや弾力を高めてくれる美肌効果もあり、女性におすすめの成分だと言えます。

 

 

テアニン

テアニンは緑茶などに含まれているアミノ酸の一種で、うま味や甘味の素になる成分です。

 

イライラをコントールすることができ、毎日の休息をサポートしてくれます。

 

お茶を飲むとホッとするのもこのテアニンのおかげです。

 

 

GABA

GABA(Gamma Amino Butyric Acid)はアミノ酸の一種で、野菜や果物、さらには漬け物やキムチなどの発酵食品にたくさん含まれています。

 

考え事や興奮状態を沈めて気持ちを穏やかにさせる(脳を休ませる)働きがあります。

 

 

トリプトファン

トリプトファンもアミノ酸の一種で、体内に摂取するとセロトニンが分泌されます。

 

セロトニンは脳の興奮やマイナスの感情を抑える作用があります。

 

また睡眠ホルモンのメラトニンはセロトニンから作られるので、トリプトファンを摂取することで間接的にメラトニンの生成を促すことができます。

 

 

質の良い睡眠を実現するためにはセロトニンとメラトニンの分泌が欠かせません。


 

<< 睡眠サプリの効果を配合成分から詳しく解説します

 

 

副作用の心配はありません

 

睡眠サプリを利用する際に気になるのが副作用の有無です。

 

安心して下さい。睡眠サプリは栄養補助食品なので、睡眠薬のような副作用が現われることはありません。

 

身体に負担がかかる医薬成分を摂取するわけではないので、中毒性や依存性もなく安全に飲み続けることができます。

 

依存性が心配で睡眠薬に手を出せない場合は、睡眠サプリを試してみて下さい。

 

<< 睡眠サプリは副作用や依存症の心配はないですが過剰摂取はNGです

 

 

安全性(品質管理)

 

サプリメントは体内に摂取するものなので、安全性(品質管理)に関しても気になるところです。

 

せっかく優れた成分が配合されていても品質管理がずさんで、サプリの中に不純物が混入していると、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

そのため、睡眠サプリを選ぶ際はしっかりと品質管理を実施している商品から選ぶようにしましょう。

 

安全性に関してチェックするポイントとしては、国内で製造しているかどうかです。

 

さらにその製造工場がGMPやcGMP、HACCP、有機JAS認定などの認定を受けているかを確認しましょう。

 

<< 睡眠サプリの品質・安全性に関しては日本製やアメリカ製なら問題なし

 

 

当サイトで紹介している睡眠サプリは、これらの品質認証をクリアしているかどうかもしっかりと掲載しているので、品質にこだわりたい場合はしっかりと確認しましょう。


 

 

価格設定

 

睡眠サプリを選ぶ際に一番気になるのが価格ですよね?

 

安い商品なら1,500円から、そして高い商品なら10,000円近くする商品まで存在していて、価格帯は非常に幅広いです。

 

価格が安過ぎるサプリは金銭的な負担は軽いですが、期待しているほどの効果を実感できないケースが多いです。

 

逆に価格が高過ぎる商品は優れた成分が配合されているのでおすすめなのですが、その一方で毎月続ける場合の金銭的な負担が大きいというデメリットがあります。

 

つまり、価格と効果のバランスに優れた睡眠サプリを選ぶことが何よりも大切になります。

 

<< 睡眠サプリの価格帯は1ヶ月3,000円〜6,000円程度が相場です

 

 

定期コース

通常コースだけでなく定期コースを用意している睡眠サプリも存在しています。

 

定期コースとは、文字通り定期的(1ヶ月毎など)に商品を自動的に配送してくれるコースのことです。

 

定期コースで注文する場合は、通常価格よりも1,000円〜2,000円近く割引いてもらえるメリットがあります。

 

睡眠サプリは毎日飲み続けることで徐々に効果が現われます。たった1ヶ月では効果を実感することは難しいです。

 

 

最低でも3ヶ月はじっくりと試す必要があるので、定期コースは睡眠サプリと非常に相性が良い注文方法だと言えます。


 

 

解約方法をチェックしよう

定期コースで注文する際に気を付けたいのが解約方法です。

 

特にいつから解約できるかをしっかりとチェックするようにしましょう。

 

睡眠サプリの中には『契約縛り(最低注文回数)』を設定している商品も存在します。

 

最低でも3ヶ月は飲み続けなければ効果を実感できないですが、体質などに合わなかった場合はすぐに解約したいと思います。

 

そのため、初回以降にいつでも解約できるサプリを選ぶことをおすすめします。

 

<< 睡眠サプリはお試し価格よりも定期コースの価格や解約方法を重視して選ぼう

 

 

 

コスパに優れた睡眠サプリランキング

 

単に価格が安いだけで効果を実感できないサプリは意味がありません。

 

しっかりと効果を実感できて金銭的な負担もそれほどかからない効果と価格のバランスが取れている『コスパに優れた睡眠サプリ』をランキング形式で紹介しています。

 

睡眠サプリは継続使用をすることによって徐々に効果を実感できます。

 

そのため当サイトでは初回のお試し価格ではなく、定期コースの価格に重点を置いて総合的に評価しています。

 

 

具体的には3,000円〜5,000円程度の価格帯の睡眠サプリが狙い目だと言えます。


 

※価格は定期コースの料金を掲載しています

 

夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴
1日たった約107円から始められる睡眠サプリ
・アスパラガスから抽出した休息サポート成分誘発物質を配合(特許出願中)
・爽やかなグレープフルーツ味のドリンクタイプ
価格 3,684
評価 評価5
備考 最低注文回数⇒なし
お試し価格 なし
主要成分 酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス末、クワンソウエキス、L-テアニン
サポート体制 健康管理士と専任アドバイザーからのサポートが受けられる
北の大地の夢しずくの総評
定期コースが3,684円に設定されているだけでなく、最低注文回数も設定されていない点からランキング1位として評価しました。 さらに3ヶ月毎の定期コースを選択すると、1日たった約107円から睡眠サプリを始められて、とってもお得です。
リラクミンSeの特徴
・セロトニンパワーで心も体もスッキリ
・楽天ランキング1位(植物・ハーブ部門、ギャバ部門)、Yahoo!ショッピング1位(植物由来サプリ部門)
・日本人の体質に合わせて作られたサプリメント
価格 3,060
評価 評価4.5
備考 最低注文回数⇒3回
お試し価格 初回30日分:2,720円
主要成分 ラフマ葉エキス、クワンソウ、ギャバ
サポート体制 なし
リラクミンSeの総評
リラクミンSeはこのランキングで掲載している睡眠サプリの中で定期コースの価格は一番安いですが、最低注文回数が3回に設定されていることから2位に評価しました。3回以上は注文することを前提としているなら、リラクミンSeの購入を検討しましょう。

爽眠α

爽眠αの特徴
・気軽に試したい方におすすめ!初回7日分が500円で始められます
・良眠アミノ酸のL-テアニンを200mg配合
・満足度92.4%を達成(モニターテスト結果)
価格 4,298
評価 評価4
備考 最低注文回数⇒なし
お試し価格 初回7日分:500円(税別)
主要成分 L-テアニン(1日あたり200mg)、クランソウエキス粉末、大麦乳酸醗酵液ギャバ
サポート体制 なし
爽眠αの総評
爽眠αはたった500円から始められる睡眠サプリとして人気があります。また、L-テアニンが200mgも配合されているので、テアニンが含まれている睡眠サプリを探している方にもおすすめです。

クワンソウ訴求

ネ・ムーンプラスの特徴
・50代からの慢性お休み不足に1番選ばれています
・リピート率92%を実現
・沖縄伝承の休息栄養ハーブ・無農薬クワンソウを配合
価格 4,950
評価 評価4
備考 最低注文回数⇒なし
お試し価格 初回30日分:1,890円
主要成分 無農薬クワンソウ、トリプトファン、グリシン、ギャバ
サポート体制 なし
ネ・ムーンプラスの総評
ネ・ムーンプラスは50代以上の女性におすすめしたい睡眠サプリです。休息サポートと回復サポートを双方からアプローチしてくれます。定期コースを申し込むと、快眠の秘密情報や快眠グッズも毎月プレゼントされます。

シンデレラスリープ

シンデレラスリープの特徴
・ネムリに悩む女性100人と共同開発した睡眠サプリ
・眠りに悩む30〜40代女性におすすめ
・180日間の全額返金保証付き
価格 4,980
評価 評価4
備考 最低注文回数⇒なし
お試し価格 初回30日分:1,980円
主要成分 グリシン、ギャバ、トリプトファン
サポート体制 睡眠アドバイザーからのサポートが受けられる
シンデレラスリープの総評
眠りの悩む女性100人と一緒に、何度も何度も試作を繰り返して誕生した睡眠サプリです。180日間の全額返金も備わっているので安心して申し込むことができます。今なら初回75%の1,980円でシンデレラスリープを試すことができます。

 

 

妊娠中の場合はトリプトファンの摂取は控えよう

 

もしあなたが妊娠をしている場合は、トリプトファンが配合されている睡眠サプリの使用には少し注意をして下さい。

 

妊婦が1000mgのトリプトファンを摂取したことによって、胎児が呼吸不全を起こしたという症例が存在しています。

 

上記のランキングの中では『ネ・ムーンプラス』と『シンデレラスリープ』が該当します。

 

これらの睡眠サプリに含まれているトリプトファンはそれほど多くはありません。

 

1日の摂取量を守って過剰摂取をしなければ基本的には問題はありません。

 

 

しかし、お腹の赤ちゃんのことが心配に感じる場合は精神的に安心するためにも、トリプトファンが含まれていない睡眠サプリから選択するようにしましょう。


 

 

 

日頃の生活習慣の改善も大切

快眠

 

睡眠サプリを飲むだけでは休息の質を上げることは難しいです。日頃の生活習慣を改善することも心がけるようにして下さい。

 

質の高い睡眠を実現するためには就寝前(1〜2時間前)において、脳に刺激を与えないようにしましょう。

 

寝る前にスマホを見ない

 

寝る直前までスマホを見ている方が多いですが、完全なNG行為です。

 

スマホのブルーライトを浴びていると目が冴えてしまって眠れなくなります。

 

できれば寝る1時間前にはスマホを見ないようにしましょう。LINE(ライン)やメールが気になると思いますが、そこは我慢です。

 

 

身体を温める

 

寝る前に身体を温めることも効果的です。人間の身体は深部体温が下がることで眠りに入る仕組みになっています。

 

一見逆効果に思えますが、寝る前に体温が上がると元の体温に戻そうとして、身体の表面や手足から放熱して体温を下げるため眠たくなるのです。

 

そのため、寝る前に時間をかけて入浴して、身体をしっかりと温めておくようにしましょう。

 

 

アロマを活用する

 

アロマを上手に活用して眠りを誘うことも有効な方法です。

 

アロマの香りが嗅覚を刺激して脳に働きかけます。副交感神経が優位な状態を作り出して眠りやすくしてくれます。

 

安眠効果に優れたアロマとしては、ラベンダーやベルガモット、オレンジスイートなどがおすすめです。

 

それぞれの香りを確かめて心地よい感覚を得られるアロマを試してみて下さい。

 

 

 

page top